保険無料相談の予約キャンセルできるのか?調べてみた

世の中に数多くある無料保険相談会社にあって、テレビでCMを見たり町中で店舗を見かけたりして有名なのが「ほけんの窓口」だと思います。

来店型の中でもトップクラスの知名度を誇る会社で、ネット上の体験談や口コミも豊富にあるのが良いですね。

まず最初に保険についての勉強をするところから始まり、客側の疑問にも丁寧に答えてくれるということで実際の体験者の満足度は高いようです。

また多くの商品を取り扱っているとのことで、FPさんの提案にも幅が出ることでしょう。

ネットで検索してみると、無料保険相談会社についてのクチコミが溢れています。

それだけたくさんの人が疑問や不安を持っていて、プロに話ができる機会が欲しいと思っているということなのでしょう。

さらに面談そのものについて知りたい気持ちもあると思います。

中でもFPさんがこちらへ来て面談をする際の評判が気になりますが、気にするべきところはFPさんの提案力や理解力、さらにはこちらの理想をどれだけ実現しようとしてくれるかです。

どこにお願いするか決めるときには、特にFPさんの対応などを気を付けて見てみると良いでしょう。

車の買取やリフォームなどいろいろな場面で見積もりを取ります。

見積もりをすると各社から電話がかかってきます。

好きな人はそこで値段交渉をして値切るのが楽しいと言いますが最近では、若い人を中心に電話が苦手という方も増えている印象を持っています。

無料保険相談サービスの場合は、強引な勧誘を行ったり、強引に勧誘してくるなど評判の悪いFPに対して登録解除を行うサービスもあるほど勧誘に関して対策が考えられています。

また、もし強引な勧誘を行うFPが担当になった場合はサービス側で用意しているストップコールというシステムを利用し、電話一本で勧誘・相談のストップや担当FPをチェンジすることも可能です。

費用が0円の保険相談を利用する際には、本当ならば判断はこちらに委ねられているわけですが、せっかく親身になって説明してもらったり気後れするほど細かな資料をそろえられていたりすると、納得できなかった場合に困ることがあるかもしれません。

今後の人生設計の問題でもあるので、結論を出すのに時間がかかるのは当然のことでしょう。

上手な断り方としては、じっくり考えてからこちらから連絡します、とはっきり伝えること。

しつこい場合には専用サポートを利用するという方法もあります。

よくある保険相談に来店タイプと訪問タイプがありますが、特に後者のタイプでは担当者を選びにくくなっているので、納得できる話し合いにならなかったということもあるそうです。

きちんと理解できないまま、FPさんの強い勧めだけで契約してしまうことも考えられます。

威圧的な態度をとるなどしてこちらの弱みに付け込むような方法をとるFPさんでは、アフターケアについても心配なのでお任せするのは考えた方が良いかもしれません。

できるだけ失敗を避ける方法としては、下準備をして信頼できる人に同席してもらうと良いでしょう。

将来のことを考えて保険を契約しようか考えている方、契約を考えているなら相談するサービスを選びましょう。

選び方は近所にあるからというのもいいのですがサービスによっては、黒毛和牛肉やお米をプレゼントしているサービスもあるんです。

流れとしては、web予約フォームから相談日を決めて、無料保険相談後にアンケートへ回答するともらえるそうです。

でも、無料で商品プレゼントを行っているサービスって強制的・強引な勧誘をしていそうで評判が悪そうに思ってしまうのもわかります。

多くのFP紹介サービスでは、評判の悪いFPに対して契約を打ち切るサービスもあるなど対策をしています。

数年前まではいろいろなところで現金・キャッシュバックキャンペーンをやっていましたよね。

特にスマートフォン業界では額が大きすぎて本体を買うよりもキャッシュバックされるようなことすらありました。

同様に無料保険相談サービスでも商品券プレゼントをしていました。

最近、そういったキャンペーンを見かけなくなりましたよね。

参照:http://www.canadagoose-montreal.com/faq/cancel.html

それもそのはずで2017年に総務省や金融庁が策定した指針で高額キャッシュバックや高額なギフト券などをプレゼントする販促方法を禁止としたからです。

そのため、相談サービスではお米や牛肉、タオルなどの景品プレゼントに変更しているサービスもあります。

保険に関しての話し合いを自宅でする際に心配なことに、満足な提案ではなかった時に断れるかどうかという点があります。

普通の会社なら、強引な勧誘を禁止していたり、担当者と合わないときには変更してもらえたりするようなサポートを用意してくれています。

一回だけの面談で契約まで至ることはほとんどないようなので、事前連絡などの際まずは相談だけで良いという希望をはっきり示しておくことも大切です。

自信を持った提案をしているFPさんであれば他と比べてもらっても大丈夫なので、問題なく終われるでしょう。

豪華な商品プレゼントで相談者を募集している無料保険相談サービスを見かけます。

大半の方が、フォームから保険相談の申し込みを行えば商品プレゼントされると思っていますがそれは間違いです。

一般的には数回の面談後、アンケート回答などを商品プレゼントの条件に各サービスがしています。

別の注意点として、申し込んだからといって必ずしも面談が行えるわけではありません。

特に、中小のサービス会社に申し込んだ場合は、大手に比べてFP登録者数が少ないため面談の予定が決まらないことがあります。

よくCMなどで聞く無料保険相談、あの人たちってどうやって収入を得ているの?その答えは、相談者が紹介された保険に加入した際の手数料です。

このシステムは相談者にとっては、様々なメリットがあります。

例を挙げると相談者が加入した時に初めて収入が発生するということは、契約してくれなければFPは無料奉仕で赤字状態になるため、保険を紹介するときにわかりやすく説明するなど、紹介の質を高めなければなりません。

そのため、保険自体が相談者に合致していて、疑問などにしっかり答えてくれるなど良い面ばかりです。

なので、現在契約している保険の確認だけでもOKなど強引な勧誘はありません。

皆さんも保険の確認だけでもいいので気楽に相談してみてはどうでしょう。

営業の人に提案されるがままに保険を契約してしまって実は、内容をちゃんと理解できていない方も多いと思います。

無料保険相談サービスを活用してはいかがでしょうか。

知識がなくても専門家が今はどんな保険に入っているか、今のライフプラン、将来の希望に合う保険ではなかった場合、こっちの保険の方があっているなど相談に乗ってくれます。

また、その結果、余計なオプションを外したり別の保険に切り替えることで保険料が減ることもあります。

また、無料相談サービスの中にはサービスを利用するとお米や黒毛和牛肉がもらえるキャンペーンを行っているサービスもあります。