ほけんの窓口の口コミは悪い?保険の無料相談キャンペーンが一番お得?

ほけんの窓口など、無料で保険の見直しを請け負ってくれる会社はたくさんあります。

ネット予約での申し込みも可能なので、とてもプロとの話し合いがしやすい環境にあります。

とは言え待っているだけでなく、自分でも準備をしておくことが大切です。

今の保障内容はもちろんなのですが、自身の生活スタイルに合っている保障とはどんなものか、それから不必要なのはどんなものか、月額どれくらいなら負担なく払えるのか、今の時点で予想される将来的な生活の変化など、FPさんとの話合を有意義な時間にするためにも調べておきましょう。

例えば、人から何かを勧められると断りづらい、断ったら悪いなと感じる人がいます。

そういう方の中には、勇気を出して保険無料相談をしたときに新しい保険を勧められ、断れなくなってしまいそのまま契約してしまう。

その結果、自分に合わない保障内容になっているなどトラブルに繋がることがあります。

なので、ここでは保険相談時の断り方について書こうと思います。

見極めるポイントの1つとして相談した際に「検討させてください」、「念のため、ほかにも相談したい」のどちらかを言えば問題ないです。

保険は一生のうち、家の次に高い買い物と言われており、本当に相談者目線に立ってくれるFPなら強引に引き止めないはずです。

もし無理に引き止めてくる、強制的な勧誘をしてくるようなら信頼できないFPと言えます。

保険は家に次いで多額の出費になると言われています。

見直しをする際も気を付けなくてはなりません。

予想されるトラブルについては口コミなどをチェックして、対応できるようにしておきましょう。

多くの人が一番心配なことは押しの強い勧誘だと思います。

心配な点を突いてきたり、判断しにくい利点ばかりを主張したりして理解が不十分なまま契約にもっていこうとするというやり方です。

希望や要望はきちんと伝えておき何なら少し考える時間をとりましょう。

一般的な会社にはサポートサービスがあり、担当者を替えることができます。

人生においても重要なポイントですからはっきりとした態度を示しましょう。

インターネットでさっと検索をすれば、世の中には多くの保険無料相談会社があります。

差別化を図るためにキャンペーンをはっているところも多いです。

気になるその内容はといいますと、主に商品券やギフト券、また現金などをもらえるというものでした。

金額的にはばらばらでしたが、2000円から7000円ほどといったところでしょうか。

人によっては、いくつかの会社と面談をすることも少なくないでしょう。

選ぶ際にこういった会社を見つけられれば、面倒なことも嬉しいことに変わるかもしれません。

人生で2番目に高い買い物を知っていますか?そう、保険です。

そう考えると、やはり慎重に選びたいですよね。

そんなときに便利なのが、保険無料相談でしょう。

ざっくり自分が行くタイプとこちらに来てくれるタイプと2つありますが、中には面談やアンケートで特典が付くところも。

商品券をもらえるところが多く、中には現金でもらえるところもあるそうです。

額は一万円以下が多いですが、いくつかの会社からもらえたら数万円になる可能性もあります。

これからの話し合いができてプレゼントまでもらえるなんて、こんなにお得な話はないですよね。

時折見かける、「保険無料相談で牛肉プレゼント」という宣伝キャンペーンですがなぜプレゼントキャンペーンを始めたのでしょうか。

実は少し前はFPにお金を払って相談するのが主流でした。

時代が進むとともに有料で保険相談をしてもらう時代が終わり無料相談サービスが増えてきました。

保険は一生のうち家の次に高い買い物と言われ、保険会社としては自社の製品を是非とも契約させたいと考えています。

そこで無料相談窓口が増えたことで獲得しにくくなった金融庁から相談者特典で商品券を渡してはいけないという指針を策定しました。

そのため現在では商品券、ギフト券のプレゼントはなくなりました。

保険の募集や販売は「保険業法」でいろいろな規制がかけられています。

保険業法第300条への指針として「保険会社向けの総合的な監督指針」を金融庁は2017年4月に策定しました。

これは相談者特典として保険料の割引や換金性の高いギフト券、クオカードなどのプレゼントができなくなりました。

では、お米や牛肉など商品そのものをプレゼントしている保険の相談会社はどうなのでしょうか。

実は、前述の「監督指針」には商品プレゼントについては記載されていなく、社会的儀礼として行われる香典などの慶弔関係やカレンダーの配布などは保険業法において禁止されていません。

そのため、換金性の低い商品をプレゼントするのは「完全にクロ」とも「完全にシロ」とも断定できない状態にあると言えそうです。

保険相談をするには来店タイプと訪問タイプとがありますが、特に後者のタイプでは担当者を選びにくくなっているので、残念ながらうまくいかなかったという話も見聞きすることがあります。

例として挙げるなら、強引な勧誘に押し切られて意に沿わない契約をしてしまうなどです。

すぐに決めさせようとしてこちらが断りにくいようにしていくようなFPさんだとしたら、満足なアフターケアも期待できないので一度離れた方が良いかもしれません。

そういった失敗をしないために自分でも知識を身に着けて、家族や親せき、などに同席してもらいましょう。

勇気を出して保険無料相談をA社に行ってみたら保険の乗り換えを勧められた。

よく言われているのが保険は家の次に高い買い物という話です。

そのFPが信頼できると感じてそのまま変更するのも良いのですが、できればA社に提案された後に別のB社にも同じ内容で相談をして引越しなどをするときの様に相見積もりすることをおすすめします。

その際に気をつけて欲しいのがA社の提案内容をB社に見せる場合、A社に対抗する様な形で全く違う提案ばかりをしてくる可能性があります。

一番理想的なのはB社に提案内容を見せた時に「この内容でほぼOKです」と言うくらいの人だったらとても信頼できます。

ぜひ、B社のFPに頼みましょう。

B社に見せない場合は、単純に提案内容の比較にもなります。

最近ネット広告など様々なところで目にする、耳にする保険無料相談サービスですが、本当に無料なの?という疑問を持ってしまいます。

なぜ無料で営業できているのかをご説明いたします。

結論から言いますと、各保険会社からの契約手数料を主な収益にして成り立っているからです。

つまり、相談サービス会社としては、勧めた保険に契約してもらわないと収益が入らないことになります。

そのため、特に評判を気にしている業界となり「相談をしたら今より高い保険を勧められそう」といった心配事はほぼ起きませんので安心して利用できますね。

保険無料相談をサービスとして提供している会社はとても多いです。

その中で本当に良い会社と出会うということは、なかなか難しいことでしょう。

どこを選ぶか迷ったらランキングを参考にしてみては?それぞれ異なった観点から格付けされているので、自分に合った会社を選びやすくなるでしょう。

世間に広く知られているような会社でも一度で信頼できるFPさんと出会えない場合もあるかもしれないので、上位で自分と合いそうな会社を探してみるなど、うまく利用して比べてみることも大切です。

毎月の出費を低く抑えたい、というのは将来のことを考えると感じていると思います。

保険料金を見直して低くできるかもしれません。

最近、テレビやラジオのCMなどで耳にする保険無料相談を活用してみるのはどうでしょうか?でも、保険の知識がなくても申し込んでいいの?相談に行ったら絶対に契約しなきゃいけないみたいで行きにくい。

というイメージや気持ちを抱いてしまうのもわかります。

安心してください、知識がなくても今、契約中の保険の相談をしてもらえます。

その場合は、契約中の保険証券などを持っていくとよりどう行った状況かわかりやすくなります。

近年、ペットの家族化、人間化というような現象が急速に進んでいます。

例えば、「ペット保険」や「ペット供養」などです。

ペット保険とは、病気や怪我の治療で動物病院に入院などをした際の治療費用を保障する保険です。

多くの動物病院で入院給付金や手術給付金が受給できるほか、ガン給付金や死亡給付金がついた保険も中にはあります。

ただし、毎年のワクチン接種は適用外になりますので若いペットで病気にかかる可能性が低いと考えている場合は必要ないという方もいます。

保険料や内容が気になる方は、保険無料相談サービスでも紹介していますのでとりあえず相談してみましょう。

将来のことを考えて保険を契約しようか考えている方、どうせ相談しに行くならサービスを選びましょう。

近所の駅前にあるからという選択もいいのですが黒毛和牛肉など景品をプレゼントしているサービスもあるんです。

流れとしては、HPの予約フォームから相談日を決めて、保険無料相談をした後にアンケートへ回答するなど条件を満たすともらえるそうです。

でも、イメージとして無料で商品プレゼントを行っているサービスって強制的・強引な勧誘をしていそうという気持ちもわかります。

最近のFP紹介サービスでは、評判の悪いFPを登録解除を行う、相談者の紹介の優先度を下げているなど様々な対策をしています。

不用品回収業者の様になぜ無料なのに続けられるのかわからないサービスがあります。

無料でも営業を出来ているのには何かカラクリがあるはずです。

例えば、保険無料相談サービスの場合では相談サービス会社の主な収益は各保険会社からの契約手数料となっています。

つまり、FPに相談をして提案された保険を契約することによって保険会社から手数料がサービス会社に入るという形です。

そのため、相談者に変更してもらうことが重要になるので、契約の得られない会社にとって利益率のいい相談者の希望を無視した保険よりもほとんどないと考えていいはずです。

相談・今の保障内容の確認自体は無料なので、活用してみてください。

参考:ほけんの窓口評判とは?2ch口コミ検証【店舗・取り扱い保険・予約なら】