NISA口座は一人につき一つまでという制限があります

NISAとは分かりやすく考えると

株や投信といった金融商品の利益を限定つきで非課税にする制度です。

2014年に日本でスタートした仕組みで、年間にして120万円までが非課税で売買できる枠となります。

もっと詳しく言うと日本に住む20歳以上となっていまして、実際には一人につき一口座と決まっています。

非課税枠というとすごく魅力的なので詳しく確認してみると、株などの配当や売買益といったものがその対象です。

期間は最長5年までということになっていますが、今現在一般口座や特定口座のものをNISAで引き継ぐということはできません。

NISAの投資信託は初心者向けとなります。

なぜかと言うと、投資にかかる費用が少なくて済むからですね。

現物株の場合、1単元あたり数万円から数十万円程度必要になりますので、限られた銘柄にしか投資できません。

一度に大きな額を投資するという点で心理的なハードルも高いですね。

その一方で、投資信託というのは複合的な金融商品のため、年間120万の枠があるNISAでも分散投資が可能です。

投資にまわす予算があまり取れない方にもおすすめですね。

プロに運用してもらう場合、信託報酬などが必要になってきますのでその点は理解が必要です。

NISAを銀行で始めようと思っている方はいませんか?取引先の銀行とのお付き合いだったりいわゆるしがらみのようなものがないのであれば、手数料が安くて取扱い金融商品が豊富なネット証券が良いと思います。

ゆうちょや銀行などの場合、NISAって何?というところから丁寧に説明してくれますから、そのほうが安心して運用できるという方もいると思いますのでダメということではありません。

NISAの特徴である税金を引かれないというのは、結局のところ、支払うコストが低くなることに繋がりますから、折角ですので手数料が安くなる可能性も追求したいですよね。

できるだけリスクを低くすることも考えて銀行にするかどうか最終決定をしましょう。

NISAで取引が可能なものは、ざっくりと分けると株と投資信託とワラント債というものになります。

ただし、株でもリスクが高い信用取引は含まれませんし、わりとリスクが少ないと言われる債券についても対象外になっています。

外貨MMFなども含まれていませんし、情勢不安の際に強いと言われている金やプラチナといった先物やオプションも対象外です。

FXなど、ハイリスク型と呼ばれる金融商品も含まれていません。

NISAという商品が誕生した理由は、日本では預貯金する傾向が高いため、その分を株式投資にまわすことができれば経済全体が活性化するのではと考えられてのことだそうです。

つみたてNISAが後継として生まれたことからも、長期的に投資資金に回すことを狙っているものと思われます。

NISAのリスクについて説明します。

まず一つ目は、NISAの仕組み自体にリスクが隠されています。

NISAは利益に対して非課税というのが最大のメリットなのですが、損失がでたときに損益通算ができないというリスクがあります。

これは源泉徴収ありの特定口座でも同じですが、NISAで気を付けなければいけないのが5年間という期限があるところです。

期限を迎える前に一般口座に移動させることはできるのですが、そのときに含み損があったとしてもそれが考慮されないというリスクがあります。

一度売ってから、再度買い戻しをすることになると手間がかかります。

そして忘れてはいけないのが、金融商品自体がもっている性質そのものによるリスクというのは当然あります。

NISAの失敗にはどのような原因があるのかご存知ですか?考え方自体は実は非常にシンプルです。

まずはNISAの仕組みそのものによって起こる可能性があるもの、金融商品自体がそのもののリスク、NISAの仕組みによるデメリット見誤り非合理的な行動をとってしまうことの3つです。

NISAの仕組みによる失敗とは何かというと、期間終了時に含み損が出ていた場合に、そのまま通常の口座に移行させてしまうと、含み損を受けた後の金額が基準になってしまい余計に課税されることです。

金融商品自体がもっているリスクというのは簡単に言うと、金融商品ですから値下がりしたら損だよねということです。

NISAの仕組みによって非合理的な行動を取ることによるリスクというのは、120万円の枠内に収まるよう投資先を考えるといったタイプの思考法のことを意味します。

NISAは非課税という最大のメリットがある一方でデメリットも存在します。

その一番の理由は損失の繰り越しができないということです。

含み損のある状態で期限を迎えた場合、証券会社だったら、特定口座か一般口座へ引継ぎというのが通常の流れですが、NISAの場合、引き継いだ際に手数料はかからないのですが、その値段で新たに買ったという扱いになります。

50万で購入した株が引き継ぎ時に25万円になってしまった場合、25万円で買ったことになり、株価が上がって30万円で売却したとすると、25万で取得したものが30万円で売れたということになって所得が出たと判断されるのです。

ですから、引継ぎをする場合でも含み損が出ているようであれば、一度決済してから買い戻すほうが得策かもしれません。

こういう手間など総合的なコストを考えると実際的なデメリットと言えそうです。

NISA口座は一人につき一つしか持つことができません

NISAの口座を開設したいと考えているなら、まず最初に考える必要があるのは、どこを選ぶかということでしょう。

対応している金融機関の中から厳選する必要があります。

一番人気があるのは証券会社ですね。

数ある証券会社の中でも、特にネット証券は手数料が安いのでおすすめです。

単純に安いだけではなくキャンペーンなども合わせて比較するといいですね。

例えば売買に必要な手数料が無料になるというものもありますし、キャッシュバックキャンペーンを開催している証券会社もあります。

投資金額がさほど大きくないのであれば、キャンペーンで決めるのも1つの方法です。

NISAにはロールオーバーという制度があります。

NISAには最長でも5年という制限があるのですが、5年が経過した後、その年の新たな非課税枠を使って、移行させることをロールオーバーと呼びます。

NISAは毎年120万円と枠が決まっていますが、購入した商品が120万円を超えていても、そのまま引き継ぐことが可能です。

ジュニアNISAにつきましても、ロールオーバーの扱いについては基本的には同じものとお考えください。

とはいえNISA自体が2023年までなので、これから運用を始めるという人には、あまり関係がないことなのかもしれません。

NISAを利用する最大の理由はなんといっても非課税だからですよね。

NISAのメリットを十分に活用するために、NISA投資のルールをきちんと確認しておくことが大切です。

120万円の非課税枠は使い切りです。

枠という言葉で勘違いしやすいのですが、例えば10万円の株を買った場合、後に10万円分売却したとしても10万円分の枠はリセットされないということです。

一応解説すると、120万円までという枠なのですから、120万円を超える購入はできません。

また、枠自体を持越しすることは出来ませんので、年内に使いきれなかった分が、翌年増えるということにはなりません。

NISAで取引が可能な金融商品と言えば、ざっくりと分けると株、投資信託、ワラント債になります。

株と一口に言っても、リスクが高い信用取引は含まれませんし、比較的リスクの少ない債券についても対象外になっています。

外貨MMFなども含まれていませんし、情勢不安の際でも安定している金やプラチナなど先物やオプションも対象外です。

FXなどのハイリスク型の商品ももちろん含まれません。

NISAという商品の誕生理由は、日本では預金する傾向がとても高いため、預貯金の分を株式投資に利用できれば、経済が活性化するのではと考えられてのことだそうです。

つみたてNISAという仕組みが後から生まれたことから鑑みても長期的に投資資金に回されることが狙いのようですね。

NISAに興味がある方は、はじめ方から調べていくことをおすすめします。

ただはじめるだけであれば、ご近所のゆうちょや銀行の支店などでもはじめることができます。

とはいえ、本当に「ただはじめるだけなら」ということになりますので、しっかりと収益を上げたいと考えている方には、ネット証券がオススメです。

銀行やゆうちょなどで扱っている金融商品というのは、ローリスクローリターン型になります。

決して悪くはないのですが、逆に言うとそれしかないのでちょっと気になるところです。

独占の金融商品に興味があるというわけでなければ、取扱い金融商品が豊富で手数料が安いネット証券がオススメです。

NISAの運用期間は2023年までとなっています。

運用期間は当初から決まっていたことではありますが、これから始めたいと思っている方にとってはあとわずかな期間しかありません。

2023年になるまでは、すでにNISAをやっていて5年の期限が切れたものでも、ロールオーバーで持越しが可能でしたが、これからはじめる方にとっては、この制度は無関係ですね。

ではNISAの期限が切れるとどうなってしまうのか気になりますよね。

その場合はいったん売却するか、もしくは課税対象の普通口座に移行するかのどちらかになります。

非課税口座と課税口座の間で移行させることで、最終的な収支を見積もっておきましょう。

NISAの投資信託は初心者向けとなります。

理由はというと、投資にかかる費用が少額で済むからです。

現物株の場合は銘柄によっても異なりますが基本的には、1単元あたり数万円から数十万円程度必要になりますので、投資できる数は限られてきます。

一度に高額を投資するという点で心理的ハードルも高いです。

それとは反対に、投資信託の場合は複合的な金融商品のため、資金が制限されているNISAであっても分散投資が可能です。

投資予算があまりないという方にもおすすめです。

プロに運用してもらうことになると、手数料や信託報酬などが必要になりますのでその点はご留意ください。