NISA口座は銀行やゆうちょ銀行よりおすすめがあります

NISAを銀行で始めようと思っている方って、どれぐらいいるのでしょうか?

いわゆるしがらみのようなものがないのであれば、取扱い金融商品が豊富で、基本的には手数料が安いネット証券がおすすめですよ。

ゆうちょや銀行などは、NISAについて詳しく説明してくれますから、対面でやり取りできた方が安心できるという方もいると思いますのでダメというわけではありません。

NISAの特徴である税金を引かれないというのは、結局のところ、支払うコストが低くなることに繋がりますから、折角なら手数料が安くなる可能性も上げていきたいところです。

できるだけリスクを低くすることも考えて銀行にするかどうか最終決定をしましょう。

NISAを利用する最大の理由はなんといっても非課税だからですよね。

NISAの利点を十分に活用するために、NISA投資のルールを確認しておくことが重要です。

120万円の非課税枠は、毎年使い切りです。

よく勘違いされやすいのですが、例えば10万円の株を買った場合、後に10万円分売却したとしても10万円分の枠はリセットされないということです。

もしかしたら誤解しているがいるかもしれませんので、解説すると、120万円までという枠なのですから、120万円を超える購入はできません。

枠自体を持越しすることは出来ないので、年内に使いきれなかった分は、その年の分そのまま消滅します。

NISAを開設できるのは2023年までとなっています。

運用期間は当初から決まっていたことではありますが、これからはじめる方にとっては残り僅かな期間になってきましたね。

この期間までは、5年の期限が切れたものでも、ロールオーバーの制度が利用できたのですが、これからはじめる方にとっては、この制度は無関係ですね。

それではNISAの期限が切れる一体どうなるのでしょうか?その場合は売却してしまうか、課税対象の普通の口座へ移すかのどちらかになります。

非課税の口座と課税される口座間で株や投資信託を移し替えることで、最終的な損益を考えておくといいでしょう。

NISAのメリットといえば非課税ですが、その一方でデメリットもあります。

そのデメリットとは損失の繰り越しができないということです。

含み損のある状態で5年間という期限を迎えた場合、証券会社でならば、特定口座か一般口座に引継ぐ形となりますが、そのとき、手数料こそかかりませんが、その値段で新たに購入したという扱いになります。

50万で買った株が引き継ぎ時に25万円になってしまった場合、口座へ引き継ぐ際には新規で25万円で買ったという扱いになり、その後株価が上がり30万円まで回復して、その段階で売却しようとすると5万円が利益という扱いになり、5万円から税金が引かれるということになるんです。

ですから実際に引継ぎをする場合でも含み損がでていれば一度決済してから買い戻すのが現実的かもしれません。

そういう手間や手数料を全てひっくるめて総合的なコストが実際的なデメリットと言えそうです。

NISAで5年後どうするかというのは外せないテーマです。

なぜならNISAには最長5年間という期限が決められているからです。

タイムリミットが来た時に私たちは実際に何ができるのでしょうか。

上がっているか下がっているか関係なく一度売ってしまうというのがまず一つです。

次の年のNISA枠でそれまで運用していたものを引き継ぐという方法もあります。

これらの他には通常の証券口座に移行するというのも可能です。

NISA枠をどう使って投資をするのかは、人によって投資方針はいろいろだと思いますが、含み損がでているものをそのまま証券口座に引き継ぐと、忘れないでほしいのですが、非課税というのは損益通算できないということで条件付きのメリットであるということです。

NISAで投資信託に投資するのは初心者向けと言われています。

なぜかと言うと、投資額が少なくて済むからです。

現物株の場合、1単元あたり数万円から数十万円はかかりますので、限られた銘柄にしか投資できません。

一度に大きな額を投資するという点で心理的なハードルも高いですね。

一方、投資信託は複合的な金融商品のため、資金が限られているNISAであっても分散投資が実現できます。

予算があまり取れない方にもおすすめです。

プロに運用を任す場合、手数料や信託報酬といったコストが発生しますのでその点はご注意ください。

NISAの失敗にはどのようなものがあるか気になりますよね。

大きく分けるとNISAの仕組みによって起こる可能性があるもの、金融商品自体がもっているリスクによって起こるもの、NISAの仕組みを活かしきれず逆効果になってしまった場合のリスクの3点です。

NISAの仕組みによる失敗は、期間終了時点で含み損が出ていたという場合に、そのまま通常口座に移行し幸か不幸か株価が値上がりしてしまうと、含み損が出ていた時の金額が基準になってしまっているので利益がでたと判断され課税されてしまいます。

金融商品自体が抱えているリスクというのは、NISAであろうがなかろうが値下がりしたら損だよねということです。

NISAの仕組みによるデメリット見誤り非合理的な行動をとってしまうリスクというのは、NISAの120万円という枠におさまるように投資先を考えるタイプの思考法のことです。

NISAでおすすめなのはどんな投資でしょうか?

あなたが投資をするという経験が今までなかったなら、まず先に分かっておく必要があるのはNISAだからどうかということではなく、リスクリターンという両面性についてです。

これは預金と比較して投資のほうがリスクがあるかどうかという単純な話ではなく、何が起こるとリスクとして現れるかということを知ることです。

例えば株式であればその会社の業績が大きく影響してきます。

投資信託についてはコストも低いのでつい軽視しがちですが、投信自体を構成する金融商品がどういう基準で選ばれていてそれがどういう条件でどういう変化を起こすのかを知っておく必要があります。

その上で、自分の投資に対する考え方と金融商品の特徴を合わせて考えてみましょう。

現在契約しているNISAを別の証券会社等に変更したいというケースがあると思います。

この場合NISAの口座は制度がスタートした当初から少しかわって、1年に1回、乗り換えが可能になりました。

もう一つは通常のNISAをつみたてNISAに変更したい場合やその逆があると思いますが、こちらの手続きも同様に1年に1回対応してもらえます。

ここで心配になってくるのが、変更前に購入した株や投資信託が、変更する際に強制的に解約する必要の有無だと思います。

結論から申しまして、そこは大丈夫ですのでご安心ください。

前年度に購入したものは継続して持ち続けられます。

但し、NISAの枠組み自体の制限は変わりませんのでご注意ください。

NISAで1万円から投資をしてみたいなぁと考えている人は結構多いです。

バランスを崩さないように無理せず投資も。

といったことはよく言われていますが、実際には少額投資には少額ならではのリスクがあります。

株式取引を例に考えてみますと、株ってやろうと思った人には分かると思うのですが結構大きな額が必要です。

そうなるとお金がある程度ある人にしか参加できませんし、特定の1つの会社がどうなるかなんてそこまで信頼できることでもありませんから、ある程度の資金があるとしてもやはり機関投資家ではないので限界はあるわけです。

投資信託であれば低予算でも分散投資ができるようになっています。

NISAの失敗にはどのようなものがあるか気になりますよね。

NISAの仕組みによって失敗してしまう可能性、金融商品自体そのものが抱えているリスク、NISAの仕組みによるデメリットを避けたいと思うことで非合理的な行動をとってしまった場合のリスクの3点です。

NISAの仕組みによる失敗について説明すると、期間終了時に含み損が生じていた場合に、そのまま通常口座に移行させると値下がりした後の金額が基準になってしまい余計に課税されることです。

金融商品自体が抱えているリスクというのは、NISAに限ったことではなく、値下がりしたら損するということです。

NISAの仕組みによるデメリット見誤り非合理的な行動をとってしまうリスクというのは、NISAの120万円という枠におさまるように投資先を考えるタイプの思考法のことです。

NISAは非課税というメリットがある一方でデメリットもあります。

それは「NISAは損失の繰り越しができない」ということです。

含み損のある状態で5年を迎えた場合、証券会社だったら、特定口座か一般口座へ引継ぎというのが通常の流れですが、そのとき扱いとしては手数料こそかかりませんが、その値段で新たに購入したという扱いになります。

50万で購入した株が引き継ぎ時に25万円になってしまった場合、25万円で買ったことになり、その後株価が上がり30万円まで回復して、その段階で売却しようとすると5万円が利益という扱いになり、5万円から税金が引かれるということになるんです。

そのため、含み損がでている場合、一度決済してから買い戻すのが現実的かもしれません。

こういった総合的なコストを含め実際的なデメリットと言えそうです。

NISAを銀行でやろうと考えている方はいませんか?取引先の銀行とのお付き合いで始めるとかでないのであれば、基本的には手数料が安くて取扱い金融商品が豊富なネット証券がおすすめですよ。

ゆうちょや銀行などは、NISAについて詳しく説明してくれますから、そのほうが安心して運用できるという方もいると思いますのでダメということではありません。

NISAの1番特徴である非課税というのは、結局のところ、支払うコストが低くなることに繋がりますから、折角ですので手数料が安くなる可能性も追求したいですよね。

極力リスクを下げることも考えて銀行にするかどうか決めましょう。

NISAが始められるのは2023年までです。

運用期間は当初から決まっていたことではありますが、これからはじめる方にとっては残り僅かな期間になってきましたね。

この期間までは、5年の期限が切れたものでも、ロールオーバーができていましたが、これからはじめる方にとっては、この制度は無関係ですね。

ではNISAの期限が切れるとどうなるかが気になってきますが、その場合は売却してしまうか、課税対象の普通の口座へ移すかのどちらかになります。

非課税口座と課税口座の間で移行させることで、最終的な売却時の支払いがどうなるかをいくつか考えておくといいでしょう。