NISA口座を解約するには条件があり、残高があると解約はできません。

NISAを銀行でやろうと考えている方はいませんか?

取引先の銀行とのお付き合いだったりいわゆるしがらみのようなものがないのであれば、手数料が安く取扱い商品も豊富なネット証券のほうがおすすめです。

もちろん、ゆうちょや銀行など身近にある金融機関では、NISAとは?というところから丁寧に説明してくれますから、安心できるという方もいると思いますのでダメというわけではありません。

NISA最大の特徴である税金を引かれないというのは、出費が少なくなるというメリットですから、どうせなら手数料もできるだけ下げていきたいですよね。

可能な限りリスクを抑えることも考えて銀行にするかどうか最終決定をしましょう。

NISAは解約できるのかどうかは気になる方もいらっしゃると思いますが、解約手続きはできますのでご安心ください。

証券会社等によって細かい手順は違ってくると思いますが、解約手続きをするための案内にしたがって手続きを進めることになります。

もう少し具体的には非課税口座廃止届出書と個人番号提供書類といっしょに送付します。

必要な書類は手続きを申請した段階で郵送などで送付されます。

解約しようと思えばいつでも解約できるというのは、原則60歳まで解約することができないiDeCoとの大きな違いです。

解約しやすいということは、それだけ始めやすいとも言えます。

現在契約しているNISAを別の証券会社等に変更したいというケースがあると思います。

1年に1回限り、変更が認められるようになりました。

もう一つは通常のNISAをつみたてNISAに変更したい場合やその逆があると思いますが、こちらの手続きも先程と同様に1年に1回変更が認められています。

ここで気になってくるのが、変更前に買った金融商品が、変更する際に強制的に解約する必要の有無だと思います。

でもそこは大丈夫なのでご安心ください。

前年度に買ったものは引き続き持ち続けることが可能です。

もちろんNISAの枠組み制限はそのままですからその点は注意しましょう。

NISAの口座を開設したいと考えているなら、まず最初に考えることはどこを選ぶかということでしょう。

NISA口座は一人につき一つしか持つことができませんので、対応している金融機関の中でどこが一番自分にとってよいのかを厳選する必要があります。

一番おすすめなのは証券会社ですね。

ネット証券は手数料が安いので特におすすめです。

あとは、単純に安さだけではなくキャンペーンなども合わせて比較すると良いですよ。

例えば売買に必要な手数料が無料になるというものもありますし、キャッシュバックなどがある場合もあります。

投資金額が比較的少な目であれば、キャンペーンを重視するというのもオススメです。

NISAのリスクについて説明します。

まず一つ目がNISAという仕組み自体が抱えているリスクです。

NISAは利益に対して課税されないというのが最大のメリットなのですが、損失がでたときに損益通算ができません。

これは源泉徴収ありの特定口座でも同様なのですが、NISAで気を付けなければいけないのが5年間という期限があるところです。

満期までに通常の口座に移動させることはできるのですが、含み損が出ていたとしても考慮されないのです。

一度売ってから、再度買い戻しをすることになると手間がかかります。

あとは金融商品自体にリスクというのは当然あります。

NISAによる資産形成はたまにニュースになっていますよね。

雑誌などでも見たことがあるという人も多いかと思います。

かといって、実際に手を付けるかどうかは簡単には決められませんよね。

預金金利が低いから預けておいても増えないからこれからは投資だといわれても、増えないからといって減ってしまうのはもっと嫌ですよね。

生活をしていく上で投資をはじめるときに最初に考えるべきなのは、リスクではなく、何のためにやるのかという目的です。

子供が大人になった時にまとまったお金が必要になるかもしれないと感じたなら、まずは数年先のことを予想してみるといいですね。

将来、生き残っていそうな企業を見つけるなど、投資について考えてみましょう。

NISA運用で5年後どうするかは大きな問題です。

というのもNISAでは最長5年間というルールが設定されているからなんです。

この期限を迎えた時にできることをまとめておきます。

まず売却して換金するというのが一番分かりやすい方法です。

期限が切れた枠を新しい枠にする方法があります。

他には通常の証券口座などで運用を続けることもできます。

NISAの枠組みをどの程度活用するのかは、人によって投資方針はいろいろだと思いますが、損をそのまま引き継いで証券口座で運用した場合、忘れないでほしいのですが、非課税というのは損益通算できないということで条件付きのメリットであるということです。

NISAは非課税という最大のメリットがありますが

その一方でデメリットもあります。

そのデメリットとは損失の繰り越しができないということです。

含み損のある状態で5年を迎えた場合、証券会社だったら、特定口座か一般口座に引継ぎとなるのですが、NISAの場合、引き継いだ際に手数料はかからないのですが、その値段で新たに購入したという扱いになります。

50万で買った株が引き継ぎ時に25万円になっていたとすると25万円で買ったことになり、株価が上がって30万円で売却したとすると、25万で取得したものが30万円で売れたということになって所得が出たと判断されるのです。

そのため、含み損がでている場合、一度決済してから買い戻すのが現実的かもしれません。

こういった総合的なコストを含め実際的なデメリットと言えそうです。

NISAの投資信託は初心者向けとなります。

なぜかと言うと投資にかかる費用が少なくて済むからですね。

現物株だと、1単元あたり数万円から数十万円はかかりますので、限られた銘柄にしか投資できません。

一度に高額を投資するという点で心理的ハードルも高いです。

一方で投資信託の場合は複合的な金融商品のため、資金が限られているNISAであっても分散投資が実現できます。

投資資金があまりないという方にもおすすめですね。

プロに運用を任す場合、手数料や信託報酬といったコストが発生しますのでその点はご注意ください。

NISAで取引できるものといえば、ざっくりと分けて、株と投資信託、ワラント債というものがあります。

株でもリスクが高い信用取引は含まれませんが、わりとリスクが少ないと言われる債券についても対象外になっています。

外貨MMFなども含まれていませんし、情勢不安の際に強いと言われている金やプラチナといった先物やオプションも対象外です。

もちろん、FXなどのハイリスク型と呼ばれる商品も含まれません。

NISAという商品が生まれた理由ですが日本では預金する傾向がとても高いため、その分を投資に回すことができれば、経済全体が活性化するのでは?という想いから誕生したそうです。

つみたてNISAが後継として生まれたことからも、長期的に投資資金に回すことを狙っているものと思われます。

NISAを利用する最大の理由は非課税だからですよね。

NISAならではのメリットを十分に活用するために、NISA投資のルールをきちんと確認しておきましょう。

120万円の非課税枠は、毎年使い切りです。

よく勘違いされやすいのですが、例えば50万円の株を購入した後に売却しても50万円分の枠は返ってこないということです。

念のため解説すると、120万円までという枠なので120万円を超える商品は購入できません。

また、枠自体を持越しすることは不可ですので、年内に使いきれなかったとしても翌年その分増えるということもありません。

NISAでおすすめなのはどんな投資でしょうか?もし投資自体が初めてという方であれば、まず最初に必要な知識はNISAがどうこうではなく、投資にはリスクとリターンがコインの裏表のようについてくるということです。

預金は元本保証があるし投資はリスクがあるという単純な話ではなく、どういう経路をたどって可能性としてのリスクが現実のものになるのかを知ることです。

例えば株式であればその会社の業績が大きく影響してきます。

投資信託などは銀行などの身近な金融機関でも販売されているためなじみがあると思いますが、投資先の金融商品を総合的に判断したり経済や景気がどうなるとどういう変化が起こるのかの予測ができておく必要があります。

その上で長期視点なのか積極的にトレードするのか投資に対する考えを整理するとおすすめは自然とみつかりますよ。

NISAとジュニアNISAの違いが気になってきますが、通常のNISAというものは自分のために口座開設をして投資するものです。

一方、ジュニアNISAは、0歳から19歳までの子供やお孫さんのために、親権者などが代理で運用していく仕組みとなっています。

ジュニアNISAはNISA口座を開設できない未成年のための救済措置という面と、子供や孫の備えという2つの面があります。

ジュニアNISAは原則18歳まで払い出しをすることができないという制限があり、20歳になると、自動的にNISA口座へと変更されます。

2024年以降の各年において非課税期間を満了したとしても、継続管理勘定では20歳になるまで非課税で保有し続けることができるというのは大きなメリットですね。

NISAとは分かりやすく考えると、投信や現物株で稼いだお金を非課税にしましょうという仕組みです。

2014年に日本でスタートした仕組みで、現在毎年120万円の非課税枠が設定されています。

より詳しく見ていくと日本に住む20歳以上の人という条件があり、ひとつの口座のみを持つことができます。

非課税枠というとすごく魅力的なので詳しく確認してみると、株式や投資信託の配当金や分配金や譲渡益といったものがそれに該当します。

5年間までという制限があるのですが、NISA口座以外のものをNISAで運用するということはできません。