NISAとジュニアNISAにはどのような違いはあるか知っていますか?

NISAの仕組み上5年後どうするかは大きな課題です

というのもNISAは最長5年間と決まっているからです。

期限が切れた時に私たちにはいくつかの方法が用意されています。

上がっているか下がっているか関係なく一度売ってしまうというのがまず一つです。

あとは翌年以降のNISAの枠を使ってそのまま持ち越すこともできます。

通常の証券口座で運用を続ける方法もあります。

NISA枠をどう使って投資をするのかは、考え方は人それぞれなので正解はこれだと決められませんが、含み損がでているものを通常の証券口座に移すと、損益通算ができないため結果的にマイナスとなる可能性があることは覚えておきましょう。

通常のNISAですと、自分のために口座を開設してお金を出し投資していくことになります。

一方でジュニアNISAのほうは0歳から19歳までの子供や孫などために、親権者などが子供や孫の代理として運用していく仕組みになります。

ジュニアNISAには、口座開設ができない未成年のためという面と、子供や孫たちのための備えという面があります。

ジュニアNISAには原則18歳まで払い出しができないという制限があり、20歳になると、自動的にNISA口座へと変更されます。

ジュニアNISAは2016年1月から2023年12月までの8年間の制度となっていますが、この制度が終了した後でも、一定の金額までは20歳になるまで引き続き非課税というのは大きなメリットですね。

NISAにはロールオーバーという仕組みがあります。

NISAは最長5年という条件が設けられているのですが、5年が経過した後、その年の新たな非課税枠を使って、そのまま移すことをロールオーバーと呼ぶのです。

NISAは毎年120万円と枠が決まっていますが、購入した金融商品が120万円を超えている場合でも、ロールオーバーが可能です。

ジュニアNISAと呼ばれるしくみについても枠の上限額や払い戻しのルールに違いはありますが、ロールオーバーの扱いについては基本的には同じです。

とはいえNISA自体が2023年までなので、これから運用を始めるという人には、気にしなくていい情報かもしれません。

NISAによる資産形成の話は、資産運用界隈では良く耳にする話題ですし、病院や銀行などに置いている雑誌などでも目に触れる機会があると思います。

ですが実際に手を付けるかどうかは難しい問題ですよね。

預金しても金利が低いからこれからは投資だといわれても、減ってしまうリスクはやはり怖いですしね。

生活をしていく上で投資をはじめるときに最初に考えるべきなのは、リスクよりもまず、何のためにやるのかという目的です。

老後にまとまったお金が必要になるかもしれないと感じたなら、まずは数年先の未来を想像してみることをおすすめします。

先の明るい企業を見つけて株を投資したり関連する投資信託を選ぶなど目的に合わせて投資を考えてみましょう。

NISAを銀行でやろうと考えている方はいませんか?取引先にすすめられて…などいわゆるしがらみのようなものがないのであれば、手数料が安くて取扱い金融商品が豊富なネット証券が良いと思います。

ゆうちょや銀行などは身近にあるお店では、NISAってどういうもの?というところから丁寧に説明してくれますので、安心できるという方もいると思いますのでダメというわけではありません。

NISA最大の特徴である税金を引かれないというのは、出て行くお金が少なくなるというメリットですから、折角ですので手数料が安くなる可能性も追求したいですよね。

なるべくリスクを低くすることも考えて銀行か証券会社かを決めましょう。

NISAで1万円から始めたいと思っています。

現金だけでも家計には限界があるし投資も考えないといけないかな。

といったことが経済情報サイトなどで言われていることもありますが、少額投資ならではのリスクというものもあるのです。

株式取引を例に考えてみますと、実際株ってものによっては数万ぐらいから数十万ほど必要になるんです。

となるとお金がない人は参加できませんし、一社をこれだと思って選んだとしてもそれが正しいかどうかはなってみないと分からないですから、お金がある人にとってもリスクが高くてやっぱりやめようと判断することになります。

投資信託がメニューに入っている理由がここで分かるのですが低予算でもバランス投資ができます。

投資に興味があるという方は、「NISAのはじめ方」から勉強してみてはいかがでしょうか。

始めるだけであれば、ゆうちょや銀行の支店などでもはじめることは可能です。

とはいえ、この方法は本当にただはじめてみたい人向けなので、きちんと収益を上げようと考えている方には、ネット証券がオススメです。

基本的に銀行やゆうちょといった身近な金融機関で販売されているのは、ローリスクではありますが、ローリターンでもあります。

悪くはないのですが物足りなさは拭えません。

独占の金融商品に興味があるとかでなければ、取扱い金融商品が豊富なネット証券がオススメです。

NISAの期間は2023年までです

これははじめから決まっていたことではありますが、これからはじめる方にとっては残り僅かな期間になってきましたね。

2023年になるまでは、すでにNISAをやっていて5年の期限が切れたものでも、ロールオーバーといって持越しをすることができていましたが、これからNISAをはじめる方はあまり関係ないと言えるでしょう。

ではNISAの期限が切れると果たしてどうなってしまうのでしょうか?その場合は売却するか課税のある普通の口座に移行するかのどちらかになります。

NISAで運用していた非課税口座と一般の課税口座の間で移行させることで、最終的な収益を計算しておきましょう。

NISA変更というと今契約しているNISAを別の証券会社や銀行に変更したいというケースがあると思います。

NISAの口座は制度が開始した当初より少し変わりまして、1年に1回限り、変更が認められるようになりました。

もう1点、普通のNISAからつみたてNISAに変更したいという場合があるかと思いますが、こちらの手続きも同様に1年に1回対応してもらえます。

ここでポイントとなるのが、変更前に買った株や投資信託などの金融商品が、変更する時に強制的に解約する必要があるかどうかです。

結論から言うと、そこは問題ありませんのでご安心ください。

前年度に購入したものはそのまま持ち続けられます。

ただし、NISAという枠組み自体の制限は忘れないように気を付けましょう。

NISAとジュニアNISAの違いが気になってきますが、通常のNISAは自分のために口座を開設して投資するものです。

ではジュニアNISAはというと、0歳から19歳までの子供や孫のために、親権者などが代理で運用していく仕組みとなっています。

ジュニアNISAには、口座開設ができない未成年のためという面と、子供や孫の将来のための備えという面の二つがあります。

ジュニアNISAには原則18歳まで払い出しができないという制限があり、20歳を迎えると自動的にNISA口座に変更されるという特徴があります。

2024年以降の各年において非課税期間を満了したとしても、20歳になるまでは金融商品を非課税で保有し続けられるというのは大きなメリットですね。

NISAの解約可否について気になるという方もいらっしゃると思いますが、解約手続きは可能ですのでご安心ください。

但し条件があって、残高が0にならないと解約はできません。

証券会社等によって細かい手順は違ってくると思いますが、廃止手続きの手順に従って進めることになります。

もう少し具体的にお話すると、非課税口座廃止届出書と個人番号提供書類が必要になります。

必要な書類に関しましては、手続きを申請した段階で郵送等で送付されます。

いつでも解約できるというのは、原則60歳まで解約することができないiDeCoとの大きな違いです。

解約しやすいということは、それだけ始めやすいとも言えます。

NISAによる資産形成はときどきニュースになりますし、病院や銀行などに置いている雑誌などでも目に触れる機会があると思います。

しかしながら、実際に運用を始めるかというのは難しい問題ですよね。

預金してもあまり増えないからこれからは投資だといわれても、増えないからといって減らしたいわけじゃありませんからね。

生活をしていく上で投資をはじめるときに最初に考えるべきなのは、リスクではなく、何のためにやるのかという目的です。

老後にまとまったお金が必要になるかもしれないと感じたなら、まずは数年先の未来を想像してみることをおすすめします。

将来、生き残っていそうな企業を見つけるなど、投資について考えてみましょう。

投資に興味がある方は、まず最初はNISAのはじめ方から勉強してみることをおすすめします。

はじめるだけであれば、最寄のゆうちょや銀行などでもはじめられます。

とはいえゆうちょや銀行の場合、本当にただはじめてみるだけ、という人にしかオススメできませんので、しっかりと収益を上げたいと考えている方には、ネット証券がオススメです。

銀行やゆうちょなどで扱っている金融商品というのは、ローリスクローリターンの金融商品となります。

初めての方には良いと思いますが、収益を考えた場合物足りないかと思います。

独占の金融商品に興味があるなどこれといった理由がないのであれば、ネット証券がおすすめです。

NISAの最大のメリットといえばやはり非課税ということですよね。

NISAのメリットを十分に活用するために、NISA投資のルールを確認しておきましょう。

毎年120万円の非課税枠が与えられますがこれは使い切りです。

枠という言葉がよく使われるので勘違いされやすいのですが、例えば25万円の株を購入したあとに売っても、25万円分の枠は戻ってこないということです。

初心者の方のために念のため解説すると、120万円までという枠なので120万円を超える商品は購入できません。

枠自体を持越しすることは出来ないので、年内に使いきれなかった分が、翌年増えるということにはなりません。