株を買うならNISAはとりあえずだよね

NISAの失敗にはどのような原因があるのかご存知ですか?

考え方自体は実は非常にシンプルです。

大きく分けるとNISAの仕組みによって起こる可能性があるもの、金融商品ゆえにはらんでいるリスク、NISAの仕組みを活かしきれず逆効果になってしまった場合のリスクの3点です。

NISAの仕組みによる失敗というのは、期間終了時に含み損が発生していた場合に、そのまま通常口座に移行させると、含み損後の金額が基準になってしまうので余計に課税されることです。

金融商品自体がもっているリスクというのは、NISAに限らず金融商品は値下がりしたら損するということです。

3番目のNISAの仕組みによって非合理的な行動をとってしまうというのは、NISAの枠が120万円だからその間におさまるように投資先を考えるといったタイプの思考法のことです。

NISAで取引できるものといえば、ざっくりと3つに分けて、株、投資信託、ワラント債があります。

株といっても、ハイリスクな信用取引は含まれませんし、比較的リスクの少ない債券についても対象外になっています。

割と人気の高い外貨MMFなども含まれてないですし、金やプラチナといった先物やオプションも対象には含まれていません。

そして、FXなどのハイリスク型の金融商品も含まれません。

NISAが生まれた理由ですが、日本人は預金する傾向がとても高いため、その分を株式投資にまわすことができれば経済全体が活性化するのではと考えられてのことだそうです。

つみたてNISAという仕組みが後から生まれたことから鑑みても長期的に投資資金に回されることが狙いのようですね。

NISAは非課税というメリットがある一方でデメリットもあります。

それは損失の繰り越しができないということです。

含み損のある状態で5年間という期限を迎えた場合、証券会社だったら、特定口座か一般口座へ引継ぎというのが通常の流れですが、NISAの場合、引き継ぐ際に手数料こそかかりませんが、引き継いだ額分、新たに買ったということになります。

50万で購入した金融商品が引き継ぎ時に25万円になっていた場合、口座へ引き継ぐ際には25万円で買ったことになり、株価が上がって30万円で売却することになった場合、実質20万の含み損が出ているのですが、5万円分の利益が出たという事になってしまうのです。

そのため、引継ぎをしたい場合は含み損が出ているときは一度決済してから買い戻すのが現実的かもしれません。

そういう手間や手数料を全てひっくるめて総合的なコストが実際的なデメリットと言えそうです。

NISAによる資産形成の話は、資産運用界隈では良く耳にする話題ですし、病院や銀行などに置いている雑誌などでも目に触れる機会があると思います。

ですが実際に手を付けるかどうかは難しい問題ですよね。

口座に預けても預金金利が低いのでこれからは投資の時代だといわれても、増えないからといって減ってもいいわけじゃないですしね。

私たち一般人が日常の生活にちょっとプラスして、投資を始めてみようと思ったときに最初に考えるべきなのは、リスクよりもまず、何のためにやるのかという目的です。

子供が大人になった時のために、まとまったお金が用意しておきたいと考えているなら、まずは数年先にどういう社会になっているかどうか想像してみるといいですね。

将来発展しそうな企業を見つけて株を投資したり関連する投資信託を選ぶなど目的に合わせて投資を考えてみましょう。

NISAでおすすめされているのはどういう理由なのでしょうか?もし投資をしたことがないという初心者なら、まず最初に理解しておく必要があるのはNISAかどうかではなく、投資にはリスクとリターンがコインの裏表のようについてくるということです。

これは預金と比較してどうかということではなく、どういう経路をたどって可能性としてのリスクが現実のものになるのかを知ることです。

株の場合はその会社の先行きが不透明になると売られていって値が下がることがあります。

投資信託についてはコストも低いのでつい軽視しがちですが、投資先の金融商品が経済の状況の変化とどういうふうに連動していくのかは考えておいた方がいいでしょう。

その上で、自分の投資に対する考え方と金融商品の特徴を合わせて考えてみましょう。

NISAを銀行でやろうと思っている方って実際にはどれぐらいいらっしゃるのでしょうか。

取引先にすすめられて…などいわゆるしがらみのようなものがないのであれば、手数料が安く取扱い商品も豊富なネット証券のほうがおすすめです。

もちろん、ゆうちょや銀行など身近にある金融機関では、NISAの始め方から丁寧に教えてくれますから、直接やり取りした方が安心という方もいると思いますのでダメというわけではありません。

NISAの特徴である税金を引かれないというのは、結局のところ、支払うコストが低くなることに繋がりますから、どうせなら手数料もできるだけ下げていきたいですよね。

できるだけリスクを避けることを考えて銀行にするかどうか決めるようにしましょう。

NISAで投資信託に投資するのは初心者向けと言われています。

なぜかと言うと、投資にかかる費用が少なくて済むからですね。

現物株だと、1単元あたり数万円から数十万円はかかりますので、限られた銘柄にしか投資することができません。

一度に高額な資金を投資するという心理的なハードルも高いですね。

それとは反対に、投資信託の場合は複合的な金融商品のため、資金が制限されているNISAであっても分散投資が可能です。

投資予算があまりないという方にもおすすめです。

プロに運用してもらう場合、信託報酬などが必要になってきますのでその点は理解が必要です。

NISAは解約できるのか知りたいと言う方もいるかと思います

手続き自体は可能ですからまずはご安心ください。

ただし条件があり、残高があると解約することはできません。

証券会社や銀行などによって、解約手続きは多少違うと思いますが、廃止手続きをするための案内に従って進めることになります。

もう少し具体的に説明すると、非課税口座廃止届出書と個人番号提供書類と併せて送付します。

必要な書類は、申し込みをした段階で送付されてきます。

いつでも解約できるというのは、原則60歳まで解約できないiDeCoと大きく異なります。

解約しやすいということは、始めやすいとも言えますよね。

運用しているNISAを、他社もしくは他行に変更したいというケースがあると思います。

NISAの口座は制度が開始した当初より少し変わりまして、1年に1回、乗り換えが可能になりました。

また、通常のNISAをつみたてNISAに変えたい場合(その逆も)があると思いますが、こちらの手続きも1年に1回変更可能となっています。

ここで気になるのが、変更前に買った株や投資信託が、変更する時に強制的に解約しなければいけないのかどうかだと思います。

結論から申しまして、そこは大丈夫ですのでご安心ください。

前年度に購入したものはそのまま持ち続けられます。

但し、NISAの枠組み自体の制限は変わりませんのでご注意ください。

NISAを利用する最大の目的は非課税ということにつきますよね。

この非課税というメリットを十分に活用するために、NISAのルールを事前にちゃんと確認しておきましょう。

120万円の非課税枠は使い切りです。

よく勘違いされやすいのですが、例えば30万円の株を買ったあとに売却しても30万円分の枠は返ってこないということです。

こちらは誤解している人はあまりいませんが念のため解説すると、「120万円まで」という枠なので120万円を超えることはできません。

枠自体を持越しすることは出来ないので、年内に使いきれなくても翌年その分増えるということはありません。

NISAのリスクは大きく分けて2つあります。

まず一つ目は、NISAの仕組み自体にリスクが隠されています。

NISAは利益に対して課税されないというのが最大のメリットなのですが、損失がでたときに損益通算ができないというデメリットがあります。

このことは源泉徴収ありの特定口座でも同一ですが、NISAには5年間という期限があるところです。

満期までに通常の口座に移動させることはできるのですが、含み損が発生していても考慮されません。

一度処分した後、再び買い戻したりする必要があるかもしれません。

あとは金融商品自体がもっている性質によるリスクというのは当然あります。

NISAとは簡単に言うと、金融商品の利益を非課税にするという制度のことです。

日本では2014年にスタートして、年間で120万円という金額が非課税で売買できる枠となります。

より詳しく見ていくと日本に住む20歳以上の人という条件があり、一人当たりひとつの口座を持つことができます。

非課税枠というとすごく魅力的なので詳しく確認してみると、金融商品の配当や売買差益といったものが該当します。

最長で5年間という制限があり、NISA口座以外のものをNISAで運用するということはできません。

NISAに興味がある方はまずは、はじめ方から勉強することをおすすめします。

ただはじめるだけであれば、ご近所のゆうちょや銀行の支店などでもはじめることができます。

とはいえ、この方法は本当にただはじめてみたい人向けなので、着実に収益を上げたいと考えている方には、ネット証券を利用することを強くおすすめします。

銀行やゆうちょなどで扱っている金融商品というのは、ローリスクではありますが、ローリターンでもあります。

悪くはないのですが物足りなさは拭えません。

独占の金融商品に興味があるという場合を除けば、ネット証券がおすすめです。

NISAと積立NISAの違いについて簡単にいうと、積立NISAは現物株や様々な投資信託が扱える通常のNISAとは違い、投資可能な商品が限定されています。

積立NISAは投資信託しか扱えませんが、その中でも分配金を頻繁に支払うタイプではないという特徴を持っていて、販売手数料がノーロードであること、公募投資信託か上場株式投資信託ETFであることなどに限定されています。

また、投資上限についても年40万円までと決められています。

その代わり上限が少ない代わりに非課税投資枠が20年間まで最大800万円までとなっています。

通常のNISAと併用することができないというのも気を付けなければいけないポイントです。